心と体

体調がすぐれない・・・。

最近、週末になると体調がおかしくなります。

ちょっと仕事しすぎでしょうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肩こりがひどい

最近、よく肩が凝るように

なりました。

PCのやりすぎだとわ思うのですが、

気をつけないと・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

退院後の初出社の話

昨日、退院したばかりなのに、

翌日には出社したのですが、

会社に着いた時には腎臓が

痛くて気分が悪く、その週を

有給で休むための休暇願を

だして、昼から帰りました。

まぁ、帰りに梅田に寄って

帰ったんですけどね(笑)。

でも、やはり休んで正解だったのは、

たまに痛みが出て動けなくなる

のと、トイレに行くとメチャ痛い

のと血尿であるため、他人に

嫌がられないで済みました。

でも、自宅療養って暇やな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入院した時の話 ⑤

腎臓の痛みが抜けず

一日長く入院したが、

無事に退院する事が

できました。

入院費は・・・

15万円!!

高い!!!!

こんなもんなのかな?

しかし、医療費が高額に

なる事がわかっていたので、

入院前に会社に申請を

出していたので、実質8万円

くらいで済みました。

助かった・・・。

ちなみに荷物を担いで

自転車で家まで帰ったのですが、

ほとんどベッドで寝ていたので、

バランス感覚がわからなくなっていた

のと、体力不足で家に帰った時には

体力を消費し過ぎて、倒れ込んで

しまいました。情けな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入院した時の話 ④

なんとか管もとれたのだが、

トイレに行くたびに激痛に襲われて、

トイレに行くのが怖くなりました。

しかも、自分で量と色を記録する

作業が発生し、さらにうんざりです。

しかもしかも、一日に一回、看護師さんに

色を確認して貰わないといけないらしく、

もう何も恥ずかしいものはなくなりました(笑)。

今回の入院は、命に関わるものではなかったので、

お見舞いをあらかじめ断っていたのですが、

さすがに5日目辺りになると厳しくなってきて、

後悔し始めた時分に、大学の連れ一家が

お見舞いに来てくれたことは、精神的に

晴れて、とても嬉しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入院した時の話 ③

入院二日目は、前日の夜に

腎臓が痛いにも関わらず、

完全に麻酔が切れるまで

痛み止めが使えなかったのと、

周りのじいさんズのいびきが

うるさくて(耳栓持参)眠れなかった

のもあって、体が重かった。

しかも、二日目の午前中まで上半身を

起こす事も許されず、なので歩行も

昼前まで出来ませんでした。

しかし、上半身をいざ起こそうにも、

手を使わないと起きられないくらい

体力が落ちていまして、歩行の方も

点滴をぶら下げた車(?)を左手に

持っていないとフラフラしてて、

歩くのが怖かった・・・。

なので、二日目くらいから外出しよう

とか考えていたのですが、とんだ

見当違いでした。

ちなみに、管から尿が漏れていないか

どうかは時間毎に看護師さんに

ズボンをずらされて確認されて、

さらにはこの日まで入浴を看護師さんに

してもらって、体を洗ってもらってました。

人はうらやむかも知れませんが、実際に

体験してみると、メチャクチャ恥ずかしい・・・。

もう、お婿には行けないって思いました(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入院した時の話 ②

2日目の午前に手術を行ったのですが、

当日の朝早くに起こされて、血圧と体温を

計って朝食を取ったら間もなく手術室に

連れて行かれました。

自分は元々血圧が低い方なのですが、

どうも低すぎるらしく、血圧に注意しながら

の手術になりました。

私の手術は下半身麻酔だったので、

手術室にしかも麻酔が完全に効いてくるまで

ずっと待ってたのですが、それがメチャ怖くて

たまりませんでした。

手術は以前の予定と違っていて、直接腎臓にまで

内視鏡を入れて結石を取り除く事になったので、

実際に腎臓から結石を取り除く時はメチャクチャ

痛かった・・・。

どれくらい痛いかというと、午後から両親が

来てくれたのですが、腎臓からくる鈍痛で

吐いてしまったくらい痛かったです。

しかも、尿管から直接管を通しているので、

移動もままならず、と言っても手術当日は

麻酔が効いていたのもあり、ベッドからは

動けず、絶対安静状態でした。

メスを入れなかったにも関わらず、

めちゃ体力を消耗しました。

これには自分でも驚きです。

どれくらい消耗したかは

次に書きたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入院したときの話 ①

1月の時の話にはなるのですが、

結石で手術のため1週間入院したの

ですが、その時の事を書いてみようかと

思います。

入院初日は、朝から入院手続きを

終えたら、入院病棟に連れて行かれて、

そこで、担当の看護師(美人)と

入院スケジュールの説明や

入院中の生活についてあれこれ

を説明されました。

その中で、バスタオルの貸し出しが

ない事がわかり、入院当日に

外出するという事態になりました。

なんせ初めての入院だったので

必要な物がまるで見当付かなかった・・・。

昼飯から病院食を食べ、食事制限が

ないにも関わらず、あまりの量の少なさに

驚きながらも、その後一時帰宅をし、

タオルや下着の予備をカバンに押し込めて、

帰りにスーパーで夜食(お菓子)を仕入れて

病院に戻りました。

ちなみに、後日書きますが、入院で必要な

もので、意外に忘れがちな物を書いてみます。

・腕時計・・・5分後にこの薬を飲んで欲しいとか、

記録を付けさせられたりする時に必要。

・筆記用具・・・書類にサインとか、メモしたり、

記録を付けたりと、以外に使います。

・夜食のおかし・・・病気にもよりますが、常食(食事

規制無し)の場合、ハッキリ言って量が足りません。

ただ、病院の出入りのチェックが非常に厳しかった

ので、あらかじめ夜食を用意できたのは助かり

ました。

以上

次は、手術当日の事を書きます・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今度は腸内検査を受けました。③

病院に着くまで、お腹の

急降下に怯えながら、

なんとか診察室に

たどり着きました。

それから、昨日売店で

買った穴あきパンツと

羽織一枚という出で立ちで、

診察台に寝かされると、

あまりの緊張っぷりに

若い女性の看護師さんに、

「初めてですか?緊張しないでね!」

と、明るく声を掛けられると、

腕に痛み止めの注射をして、

すぐに、内視鏡をおしりから

入れられる事に、早い!!しかも、

その技師さんは、うら若き

女性で、人生で初めての

内視鏡がこんな状況で

行われるなんて・・・。

通常、おしりから内視鏡を入れる

場合、空気を入れながらなので、

看護師さんからは、おならは

出すように言われましたが、

女性ばかり三人に見られながらで

恥ずかし過ぎる・・・。

しかし、検査が始まってみると、

すぐにそんな事が言ってられない

事に気づきます。

お腹が破裂する~!!!!

そして、内視鏡がめちゃ痛い。

飛び上がるくらい痛い!!

これがかれこれ一時間ばかし

続きました。

終わったあとは、さらにその

看護師さんにおしりを拭いて

もらうというサービス(?)が

あり、2度とこんな検査を受けたく

ないと思いました。

帰りは、あまりのショックと空腹で

院内の備え付けの喫茶店で、

ホットミルク片手に、カウンターで

うずくまる私が居ました・・・。

ちなみに腸は健康そのものでしたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そして、今度は腸内検査を受ける羽目になりました。②

翌日は朝から腸内洗浄剤を

1時間に1L、2時間でもう1Lを

飲むという苦行。

ちなみに下剤入りと思われ・・・。

この洗浄剤がまずい!!

どうしようもなくまずいので、

水で薄めて飲むことに、つまり2L

以上を飲む羽目に・・・。

もう、本当に水しか出まへ~ん(涙)

こうして、昨日の晩から何も食べず、

胃と腸を空っぽにして、病院を目指す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧